通訳案内士法の改正について

改正通訳案内士法が平成30年1月4日に施行されました。

これにより、通訳案内士の名称が「全国通訳案内士」となるほか、通訳案内士の業務独占規制が廃止され、資格を有さない方であっても、有償で通訳案内業務を行えるようになるなど、通訳案内士制度が大きく変わりました。

※改正通訳案内士法の概要については、観光庁ウェブサイトをご確認ください。

観光庁研修について(概要)

改正法施行により、平成30年度の全国通訳案内士試験から、筆記試験に新たに「通訳案内の実務」に係る科目が追加されました。改正法施行より前に通訳案内士試験に合格し、都道府県で全国通訳案内士として登録されている方には、新たに全国通訳案内士試験に追加された「通訳案内の実務」科目に関し、観光庁長官が実施する研修(観光庁研修)の受講が義務づけられています。観光庁研修受講の対象となる全国通訳案内士は令和元年度末までに観光庁研修を受講してください。

※昨年度に観光庁研修を受講され、お手元に修了証をお持ちの方は、今年度の観光庁研修をご受講いただく必要はありません。

観光庁研修は「動画研修」と「集合研修」の二つの受講方法がございます。いずれか片方を受講して下さい。

  • 動画研修:ウェブ上での研修講義動画の視聴、効果測定テストの提出により、研修を受講する方法
  • 集合研修:観光庁の指定する会場にて講義を受講し、効果測定テストを受けることにより研修を受講する方法

※令和元年度においては、集合研修は、研修会場にて動画研修に用いる講義動画をご覧いただく方法で実施いたします。

観光庁研修の概要

研修名
(旧名称)
観光庁研修
(経過措置の研修)
実施概要 集合研修やウェブ上での動画視聴等の方法により実施致します。改正法施行(平成30年1月4日)より前に通訳案内士試験に合格し、全国通訳案内士として登録をされている方は、令和元年度末までに観光庁研修を受講することが義務付けられました。
実施主体 観光庁
実施期間 平成29年度~令和元年度末まで
受講対象者

改正法施行前に通訳案内士試験に合格し、全国通訳案内士となった者(都道府県での登録を有する者)
※登録事項の確認のため、受講にあたっては全国通訳案内士登録証(通訳案内業免許、通訳案内士登録証を含む)を確認致します。

受講回数 動画研修または集合研修のいずれか1回
費用 無料(集合研修の会場までの交通費、動画研修の通信料等は各自ご負担となります。)
科目 ①旅程の管理に関する基礎的な項目・関係法令に関する基本的な知識
②外国人ごとの生活文化への対応
③危機管理・災害発生時等における適切な対応
※効果測定テストを実施します。
講義時間 各科目60分程度
修了証等

研修の修了者には、修了証を交付します。観光庁研修の受講状況は「通訳案内士登録情報検索サービス」の「研修受講年月日」の欄に反映されます。

また、令和元年度観光庁研修の実施については、以下のページをご確認ください。